より快適な家作りをサポートするための情報サイト

>

大切な家族を守るための我が家の耐震性は?

この記事をシェアする

耐震診断を受けてみましょう

建築基準法によって、建築物を建てる際には最低限の耐震能力を備えておくことが義務付けられていますが、建てられた年代によってその基準は異なります。
特に、昭和56年以前に建てられた建築物は「旧耐震基準」となり、新耐震基準と比較すると地震に対する強度は弱くなり、震度6以上の震災にあったときに倒壊の危険性が高くなります。
また、昭和56年以降に建てられた家であっても、シロアリ被害や家の主要構造部に侵食などがあれば耐震性能が下がるため、安心できるとも限りません。
リフォームや建て替えを判断する際には、今の家に耐震性能がきちんと備わっているかの確認も重要なポイントになるので、現在の家が耐震基準を満たしているか、主要構造部分に問題が無いかなど専門業者や住宅メーカーなどに依頼し、性能を確認しておきましょう。
診断には通常5万円から20万円ほどかかりますが、昭和56年以前の建築物であれば、無料で受けられます。

耐震リフォームと建て替えのポイント

建物の構造や主要部部分の侵食など重大な問題がなければ、リフォームでも十分に耐震性能を上げることができます。
耐震リフォームの方法としては、基礎の補強や屋根を軽くする、接合部や壁の強化などが主な工事内容となり、施工箇所と数にもよりますが、費用は平均して200万円ほどででできます。
また耐震リフォームの場合、減税制度も適用されるため建て替えと比較して費用負担が軽くて済みます。

今の家に長く安心して暮らしたい、または断熱やバリアフリーなどそのほかの性能も付け加えたいという場合にはリフォームでも全て行うことはできますが、工事単価だけで比較すると建て替えのほうが安く済むことがあります。
現在の家の状態を考慮し、リフォームした場合の見積りと比較し、将来のメンテナンス費用にどれほどの差があるのかというこうとも含めて総合的にみて判断ことをお勧めします。


トップへもどる