より快適な家作りをサポートするための情報サイト

>

マイホームの建て替えとリフォーム、どちらが良いのか?

この記事をシェアする

築年数や外観だけでの判断はNG

家の立地条件や使用状況によって屋根裏や壁の中の状態などが変わってくるため、外観や築年数だけで一概にリフォームか改築かの判断はできません。

多湿や結露、シロアリ被害による木材や土台の腐食が進んでいたり、地盤に問題があって家が傾いていたりと構造部に問題があった場合、大掛かりな工事が必要になることがあります。
リフォームは建て替え工事と比べて費用が抑えられるというメリットがありますが、工事単価自体は高いため、リフォームの他にこれらの修繕を追加していくことで、結局建て替えと費用が変わらないということもあるため、専門家やメーカー業者による家の状態の確認は必須とも言えます。
また、建て替え場を行う場合、その土地の建築基準法や条例の変更によって、建て替え前よりも家の大きさが小さくなったり、建て替え不可能なこともあるので判断前に自治体や役所などに確認しておくと安心です。

家の現状を踏まえた判断をする

現在の家の状態が把握できれば、おのずとマイホームに必要な工事や改修部分が見えてきます。
家の主要な構造に問題がなく、今の家の間取りや使える部分を残したいという場合はリフォームがお勧めです。
建て替えと違い、費用を抑えながら内装や設備をきれいにすることができ、工事期間も比較的短く済みます。
基本的に現在の家に住みながら工事を行うことができ、引っ越しや仮住まいの手間や費用も省くことができます。

一方で、家の重要な構造部分に問題がある、大幅な間取りの変更を行いたい、耐震・耐熱などの家の性能を変えたいという場合は建て替えを行う方が良いでしょう。
建て替えのメリットは家の間取りから最新の建築性能への変更などプランの自由度が高いところにあります。
今後の維持費や耐久性を考慮すると、リフォームと変わらない費用で建て替えができる可能性もあります。


トップへもどる