建て替えとリフォームはどこで判断すべき?

より快適な家作りをサポートするための情報サイト

まずはマイホームの状態を把握する

家の古さが気になってきた、中古住宅を購入したが間取りや設備が生活スタイルに合わなくて住みづらいなど、家の大幅なメンテナンスが必要になったときにまず最初に悩むのが、リフォームをするか立て替えまで行うべきなのかというところでしょう。
家の建て替えかリフォームでは工事内容はもちろん、金額や工事期間など大きく異なり、その選び方も築年数だけで一様に決められるものではありません。

リフォームは基本的に家の残せる部分は再活用するため、まるごと解体してしまう建て替えと比べて費用を抑えることができます。
しかし、家の骨組みや構造部分の傷みが激しいなど、家の状態によっては部分的なリフォームだけのつもりが大掛かりな工事となり、工事費がかさむことがあります。
建て替えの場合は間取りの変更や耐震・耐熱など家の性能をより最新のものに造り変えることができる一方で、工事費の負担が大きく、工事期間も長くなるため仮住まいを用意するなどの必要があります。

このようにリフォームと建て替えにはそれぞれのメリットとデメリットがあります。
リフォームを行うのか、建て替えを行うのかを考えるときには、今の家に将来的に長く住むのか、内装や設備だけを新しくするのかなどの明確な目的と、築年数や構造など現在の家の状態を把握しておかなければなりません。
本サイトでは、古くなったマイホームをより住みやすい家へ造りかえるためにリフォームか建て替えかでお悩みの方へ、両者の特徴やメリット・デメリットをご紹介しながら、失敗のないリフォーム・建て替えができるようサポート致します。

マイホームの建て替えとリフォーム、どちらが良いのか?

家の外観だけでは分からない傷みや老朽化した場所があると、追加工事が必要になったり、家の基盤劣化のため改修工事をしても改築した場合の費用と変わりなかったということもあります。 家の改修工事を考える前に、まずは専門家や業者へ依頼して現在の家の状態を確認してもらうことが大切です。

将来設計と相見積もりで判断する

親との同居や子供の独立など、今後の家族構成や将来設計も改築や改修を決めるための重要なポイントになります。 今の家に長く安心して住みたいのか、今の家を更に住みやすくしたいのかなど、将来の家の方針を踏まえて見積りを比較することで、コストや希望に見合った選択をすることができます。

大切な家族を守るための我が家の耐震性は?

皆さんはマイホームの耐震性に関してどれほど把握できているでしょうか? 普段はあまり気にすることのない家の耐震性ですが、万が一に備えて大切な家族と家を守るために考えておくべき重要な項目の1つとなります。 この機会に今の家の耐震性を確認し、改修や改築で安心して暮らせる家を作りましょう。

トップへもどる